印鑑登録とは?

印鑑登録という言葉をよく聞きますが、印鑑登録とはどのようなものでしょうか。印鑑登録とは印鑑の印面を役所に登録することで自分だけの印鑑であることを証明することができる制度で、そこで登録した印鑑のことを一般的に実印と呼びます。

実印が使われる場面といわれているのは一般的に重要な場面で使われることが多く、ローンの契約や住宅の購入などの信用情報が必要となる際に使われることが多く、非常に重要な印鑑になります

印鑑それでは登録することができる実印にはどのような条件があるのでしょうか。印鑑登録をするためにはどのようなはんこでもいいというわけではありません。いくつかの条件を満たしていなければなりません。登録出来る実印の条件はいくつかあり、はんこを押した跡が8ミリ以上、25ミリ以下のものになります。また名前も住民票と同じ氏名である必要があり、基本的にはフルネームを彫ったものが実印として多く使われています。

印鑑登録が出来る人は日本に住んでいる人で16歳以上の人が条件です。本人が行くことが難しいとされている場合には、代わりに代理人の人に行ってもらいましょう。

印鑑登録の手続きに必要とされているものは実印にする予定のはんこや、本人確認書類と手数料になります。